真実の口

真実の口

京橋の新京橋商店街の入り口には「真実の口」があります。ここはローマか?大阪か?はい、大阪です。
街づくりのテーマが「ローマの下町」であったことから、京橋周辺をローマにすべくローマの休日で有名な真実の口を拝借したようですが、さすが大阪。本家よりも数倍大きく造られていて、肝心の口に手を入れられない仕様になっております。が、歓楽街でもある京橋では、生粋のお笑い魂とお酒の力で大きさの壁をよじ登って真実の口に手を入れる人もちらほらいるようです。
ローマの下町計画は途中で頓挫してしまったようですが、真実の口は絶好の待ち合わせスポットとして昔から大阪の皆に重宝されています。
商店街の入り口に突然あるなんて違和感があるのでは?と思われそうですが、それが商店街や町並みと馴染んで全く違和感が無いのです。初めて見たときはなぜここに真実の口?!と驚くかもしれませんが、なんだかすごく馴染んでいて納得したような気持ちになるのです。それはおそらく、京橋の下町っぽさに所以があるのではないでしょうか。商店街の飲み屋は歩道との境目がビニールのカーテンで仕切られていたり、立ち飲み屋で隣の人と盛り上がったりと、そんな昭和な雰囲気が逆に新しく感じる若者と中年層が入り混じる不思議な街。真実の口と京橋という合い交わらなさそうな二つがなぜか調和しているのは、その象徴ではないでしょうか。
誰かと距離を近づけたいとき、気心の知れた友達と今日どこいく~?となったとき、ミナミやキタのお決まりスポットで遊ぶのも楽しいと思いますが、たまには趣向を変えて大阪のディープな町・京橋に行ってみるのも面白いかもしれません。人と人の距離が近い京橋の空気が、いつもならしないような込み入った話を自然とさせてしまうかもしれませんよ。待ち合わせはもちろん、「真実の口」前で!

コムズガーデン

コムズガーデン

日本における本格的地下街の発祥の地はどこかご存知ですか?そう、大阪です。
人々の交通の安全の為に造られた地下道は交通渋滞緩和へつながったこともあり、暗い地下道からショッピングもグルメも網羅した明るい地下街へと進化を遂げ、発展しました。
そのひとつが京橋のコムズガーデンです。
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の京橋駅直結で、JRと京阪の京橋駅からも徒歩4分以内と立地もよく、むしろコムズガーデンへ行くというよりも「地下鉄に乗るからその帰りにコムズガーデンでご飯を食べよう」という流れは大阪人のデフォルトで、地域に根付いたゾーンであることがお分かりいただけると思います。
JRと京阪から地下鉄へ乗り換えるには、白いタイルに囲まれた閉鎖的な「ザ・地下道」を通ります。地下へと向かっている感覚を伴いながら道を抜けると、そこにはなんと明るい空が待ち構えており、自分が今何階にいるのか分からなくなる感覚に陥ります。直結しているのはコムズガーデンの地下2階で、そこは間違いなく地下ではあるのですが、吹き抜けになっている広場を中心にぐるりと取り囲んだ形に建っているので、常に空が見える明るい空間になっているのです。地上には京橋公園があり、そこから京阪モールや京橋の飲み屋街、小洒落た店の多い高架下などへも出られるので、地下からつながるエスカレーターや階段がそこかしこにあり、自分が子どもだったらかくれんぼや鬼ごっこをしただろうな・・と思わず想像してしまうような面白い造りになっています。それらの特性を活かし、中心の広場で音楽ライブやイベントが行われているのを1つ上の階の地下1階から眺めることも出来ますし、移動経路として通っていても存分に見ることが出来、思わず足をとめてしまうことも・・!
いまどきの音楽ライブが行われていても、流行りのピザやさんが出来ても、タイル貼りでどこか懐かしい雰囲気で温かみのある京橋コムズガーデン。ディープな京橋を感じるには外せないスポットです。

京橋陶芸教室

陶芸教室

和の食器で使用される陶器というのは、自分たちでも作ることができます。全国には自分で陶器を作ることのできる陶芸教室がたくさんあります。それぞれで使用されている土や作り方というのは違いますが、やはり自分で作ることで楽しさや達成感を味わうことができます。
陶芸というと、土を練って、ろくろを回して形を作る…そんなイメージがありますよね。また、自分で思い描いている陶器の形を作るのは簡単だろう、そう思い込んでいる人も少なくありません。しかし、実際には思い通りに作ることは難しいです。しかも、土の状態と焼き上がりの状態も見た目は変わってしまいます。実は意外と難しい陶芸なのですが、近年では陶芸教室へ通う人が増えています。そんなブームもあり、京橋の陶芸教室には連日たくさんの生徒が訪れています。
陶芸を習おうと思ったきっかけは人それぞれです。ただ、大体の人は「面白そうだったから」「長く続けられそうな趣味だったから」といったほんの軽い気持ちです。ただ、実際にやってみると「難しい!」と思う人が大半です。難しくはあるものの、やはりものづくりを楽しいという人が殆どで、一度体験するとそのまま通って作り続ける人が多いです。京橋の駅近くにも陶芸教室があり、体験や見学もすることができますので、まずは自分の目で確かめてみましょう。

グランシャトー

グランシャトー

新世界といえば通天閣、梅田といえばHEPの観覧車というように京橋にもシンボルがあります。それはグランシャトーです。グランシャトーというのは、さまざまなサービスが楽しめる総合レジャービルです。京橋駅を降りると見える大きなお城の形をしたビルです。このグランシャトーという名前は公募で決まり、フランス語で「大きなお城」と意味しています。
現在では放映されていませんが、京橋グランシャトーのCMが非常に印象深いとして、今でも頭に残っているという人も多いです。「京橋はええとこだっせ、グランシャトーがおまっせ」というCMソングは大阪人であれば口ずさむことができるでしょう。

グランシャトーの存在はCMでも認知している人が多いですし、京橋に訪れた人は必ず目にしているといっても過言ではありません。しかし、実際に入るのは勇気がいる…そんな人が多いと思います。グランシャトーには、パチンコ、ゲーム、カラオケ、ナイトクラブ、サウナなどがあります。色々と夜を楽しむことができるようになっていますので、大阪に住んでいるのであればやはり一度は行っておきたいものです。きっとグランシャトーに行くことで話のネタにもなりますし、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

珍獣ふれ愛ハウスダーウィン

珍獣ふれ愛ハウスダーウィン

テレビや雑誌で見るような珍しい動物と触れ合ってみたいと思いませんか?珍獣と言われているくらいですから、そのへんには生息していませんが、実は大阪で実物を見ることができるスポットがあります。そのスポットとは「珍獣ふれ愛ハウスダーウィン」です。今里駅の近くにあるお店なのですが、こちらでは通常のペットショップでは見かけないような珍しい動物ばかりに会うことができます。例えば、ふくろう、マーラ、はやぶさ、ハリネズミ…というような動物たちがたくさんいます。また、こちらのお店では、これらの珍しい動物たちをただ眺めるだけではなく実際に触れることもできます。大阪市内で色々な珍しい動物たちと触れ合えるのは「珍獣ふれ愛ハウスダーウィン」だけではないでしょうか?最近では猫カフェなどのかわいい系のお店もありますが、珍獣たちと触れ合い、餌をあげることのできる珍獣カフェも楽しめると思います。昆虫類が苦手という人でもミーアキャットやフェレットなどのかわいい系の動物も居ますので、どんな人でも楽しめるでしょう。子連れで訪れている人も多く、子どもたちと一緒に楽しい時間を過ごすことができます。気に入った子がいたらそのまま購入することもできますので、変わったペットを飼いたいという人は、まずは珍獣ふれ愛ハウスダーウィンへ行って相性を確かめてみましょう。